介護リフォーム

住み慣れた住居で暮らし続けるために環境改善を行います

img_ss_service_ref001_002介護保険制度を利用した住宅改修工事を行っております。お住いの方のニーズに合わせて介護環境に適した住宅リフォームをいたします。手すりの取り付け、床段差の解消など、設計から施工までご対応いたします。介護度に応じて定められている毎月のご利用限度額とは別に、20万円を上限とした工事が1割もしくは2割の自己負担で行えます。

対象となる工事について

img_ss_service_ref001介護保険が適応される住宅改修の種類は下記の①〜⑥です。
①手すりの取付け
②段差や傾斜の解消(付帯する工事として転落防止柵の設置)
③滑りにくい床材・移動しやすい床材への変更
④開き戸から引き戸等への扉の取り替え、扉の撤去(ドアノブの変更・戸車等の設置)
⑤洋式便所等への便器の取り替え
⑥上記内容に付帯する改修

※各市区町村によって、異なる場合がありますので担当ケアマネージャー等に相談の上で行ってください。

負担金額について

介護保険で住宅改修を行う場合、原則として生涯で20万円を上限として、実際にかかる工事費用の1割または2割のご負担で住宅改修を行うことができます。

 

住宅改修申請から工事完了までの流れ

住宅改修申請から工事完了までの流れについてご案内します。

詳しくはこちら

介護リフォーム実例集

実際に手掛けたリフォームの実例をご案内します。

詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら077-577-1565受付時間 9:00-17:30 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ メールでのお問い合わせはこちら